鍵開け時は、効果的な空き巣対策で犯罪を未然に防ごう

ピッキング被害を受けないように

空き巣は鍵が掛かっていても、「ピッキング」で侵入することができます。ピッキングについて知り、空き巣被害を効果的に防ぎましょう。

道具を使用して鍵開けをする

「ピッキング」は、鍵穴に特殊な道具を差し込んで鍵開けする方法です。複数の空き巣犯が組織で動いていてピッキングの訓練を受けている場合は、1分も掛からずに住居に侵入できます。ピッキングは鍵開けの知識や経験のない初心者でも、数回練習すればできると言われているため、破られやすい旧式の鍵は特に要注意です。

ピッキングを受けやすい鍵の種類

ディスクシリンダー
簡単に作成できるので、様々な建物に使用された鍵です。しかし、あるときから空き巣被害がとても増えたため製造中止になった鍵です。ピッキングと言うものがなかった時代に開発された鍵なので、破り方が知られてからは被害が一気に広がりました。左右両方にギザギザがいくつかあるタイプです。古い建物の場合は未だにこの鍵を使っているところが多いので、もしそうであれば鍵交換を行なうかその他の防犯対策をしっかり施す必要があります。
ピンタンブラー
片側だけにギザギザがあるタイプです。一戸建て住宅に多く使われていましたが、防犯性が高い鍵ではありません。ディスクシリンダーと同じく脆弱性問題視されているので、この鍵を使っている場合は早めに鍵交換を行なった方が良いです。

ピッキングに強い家にして空き巣対策を施す

鍵を落としたり置き引きにあったりした場合は、空き巣や強盗に遭うリスクがとても高いです。すぐに鍵開けを依頼し、併せて防犯対策を行なう必要があります。このときにできるだけ防犯性の高い鍵を選ぶことが大事です。簡単に破られてしまう鍵では、何の役にも立ちません。鍵開けを行なっている業者には、ピッキングに強い最新の鍵が用意されているので、相談すると良いでしょう。

TOPボタン