鍵を紛失したら早めの鍵開けと空き巣対策が大事

鍵を落としてしまったら~鍵屋に鍵開けを依頼しましょう~

鍵を落としてしまったら鍵開けを業者に依頼しましょう。このとき、できるだけ空き巣対策を併せて行なうようにすると安心です。

鍵屋ならすぐに鍵開けができます

鍵を落としたらまずは電話を

鍵紛失は空き巣被害を招いてしまう一番の原因です。鍵開けと共に早めに空き巣対策を行なう必要があります。まずは、鍵開けを行なっている鍵屋に相談しましょう。料金のことやどれくらいで現場に到着するかといったことも確認します。鍵の種類も告げておくと、鍵開けがスムーズにいきます。

その日の内に現場に駆け付けます

エリア内には巡回している作業スタッフがいるので、早ければ5分程で現場に来てくれます。特殊な鍵であれば、鍵開けに専用の工具を使う場合があるので、前もって伝えておきましょう。

すぐに開けてその後に支払いです

鍵開けに掛かる時間はおよそ5分~10分ですが、最短1分で開けてくれることもあります。鍵開けの料金は、その場で作業員に支払います。全国チェーン店であればほとんどのところが、クレジットカード払いに対応しています。そのため、手持ちの現金がなくても安心です。

鍵を紛失しても鍵屋ならすぐに対応してくれます。万が一に備えてすぐに対応してくれる鍵屋を探しておき、番号を控えておけば安心です。できるだけ対応が丁寧でかつ実績のあるところが良いでしょう。鍵紛失は空き巣被害につながりやすいので、防犯対策に力を入れている業者であれば、鍵交換や防犯カメラ設置に掛かる料金も聞いておくと安心です。

鍵開けを依頼すれば終わりではない

鍵を落として鍵開けを依頼した後は、次のようなことをしないといけません。空き巣対策のためにもしっかり行ないましょう。

様々な所に報告しないといけない

アパートに住んでいるのですが、大家さんに報告した方がいいですか?
最近は、マスターキーを持たない管理会社や大家さんも増えています。そのような物件は、入居者自身で鍵を管理しなければなりません。しかしそうでない場合は、管理会社に鍵紛失の事実を伝えなければならないでしょう。これは、鍵穴自体を交換する必要が出てくるためです。空き巣が発生した際に、何故それが可能になったのか検証されるので、確実な防犯対策のために鍵紛失があったことを伝えましょう。
警察に鍵を落としたことを報告しますか?
空き巣などの被害を防ぐために、警察に遺失届を提出することが大事です。もしかすると、既に落とし物の届けがあるかも知れません。遺失届を出しておけば、何かトラブルが起きたときも安心です。中には拾った鍵やIDなどを不正使用し、犯罪トラブルを起こすケースもあるからです。

空き巣対策のためには鍵交換が重要

鍵屋に鍵開けを依頼した後は、そのままにせず鍵交換等もした方が良いでしょう。鍵には「鍵番号」という鍵のデータが刻まれています。このデータが分かれば、直ぐにスペアキーの作成ができてしまうため注意が必要なのです。空き巣対策について、鍵開け時に鍵屋に聞いてみると良いでしょう。中には、鍵紛失がなくても鍵交換が必要なこともあるので、鍵の状態や防犯性を見てもらうと改善できます。

TOPボタン